MakeShop(メイクショップ)とは?豊富な機能・特徴、料金について解説します!

MakeShopの機能や特徴、料金について解説

ネットショップ作成サービスを選ぶ時にどれを選べばよいか迷う方も多いでしょう。最初は安くて無難なサービスを選びがちですが、後から高機能なサービスに切り替えようとした際、SEOの面で不利になることも多いのです。そこで、おすすめなのが始めから高機能で使えて、SEOを安定できるMakeShop(メイクショップ)でしょう。

導入時にテンプレート選択や独自開発、決済方法の充実など各種機能や相談サービスなどユーザーにとって利用しやすいサービスが充実しています。そして、国内に限らず、越境ECによる海外集客・販売やビジネス活用が可能です。そのため、ECサイト構築サービスとして法人などから評判の高いことが特徴です。この記事では、MakeShop(メイクショップ)に搭載された機能やネットショップ作成サービスとしての特徴、料金プランの詳細などについて解説します。

MakeShop(メイクショップ)とは

MakeShop(メイクショップ)とは

MakeShop(メイクショップ)は、2004年に設立されたGMOメイクショップ株式会社が提供するオンラインショップ作成サービスです。機能数や導入実績数などが充実し、全店舗総流通額が1,734億円と8年連続で業界No.1を誇ります。2020年の現時点で651機能あり、テンプレート機能や決済機能、SNS連動機能など豊富です。ショップ会員数は国内の利用者3分の1に相当する4,400万人と多いでしょう。

サービスの特徴は、売上手数料が一切かからないことです。カスタマイズが柔軟でスキルに応じたデザインを自由自在に構築。MakeShop(メイクショップ)に搭載されていない機能を依頼して独自開発が可能です。さらに、BtoB体制だけでなく、メールや電話でのサポート体制も充実しています。

MakeShop(メイクショップ)はどんな人が向いている

MakeShop(メイクショップ)はどんな人が向いている
MakeShop(メイクショップ)には利用することで効率化したり、逆にコストオーバーしたりするため、人によっておすすめ度が違います。そこで、どのような人(目標の月商や実務経験など)がMakeShopでネットショップを開設することが向いているか説明します。

目標の月商が高い業者・法人

先程も述べたように、MakeShop(メイクショップ)は売上手数料のかからない手数料が0%のサービスです。初心者向けの「BASE(ベイス)」や同じGMOが運営する「カラーミーショップ」などと比較して、費用負担は他のショップと比べると高いが、利便性・機能性が充実しているので、月商の高い事業者や法人利用に適しています。

通常、売上がそれほど高くない商業者では、月額負担が大きいと「売上が少なくて赤字になってしまった!」という事態が起こります。しかし、100万・1000万円以上の月商が発生する業者は売上手数料負担が肥大化し、売上から手数料を引いた利益(粗利)が低くなります。そこで、MakeShop(メイクショップ)は、手数料負担ではなく、月額費用の負担のみで利用できるのです。

HTML・CSSのスキルのある人

MakeShop(メイクショップ)の機能を利用して個人や事業者が利用する時に気をつけたいのがカスタマイズ機能です。ネットショップ運営に利用するのはもちろんのこと、サイト構築としても使えます。そのため、複雑で自由度の高いサイトを作成しようとするとHTML・CSSといったサイト構築のスキルがないとカスタマイズによるネットショップ作成は厳しいのです。

サイト作成時の作り込みや利便性を高めるためのスキルは上限がなく、制作者に求められるスキルの水準も高くなっていくと考えましょう。個人でそれらをカバーするには限界もあるのです。

また、サイト構築だけは外部に依頼して専門業者に担当をしてもらう場合でも最低限のサイトデザインやネットショップの使い勝手などを決める前提知識は必要です。ただし、カスタマイズなどの突っ込んだ部分まで編集しないのであれば不要ですが、その場合、高い費用を支払って高機能で自由度のあるMakeShop(メイクショップ)を利用することの意義をかなり失ってしまうでしょう。

機能を十分に生かせる大規模業者

以上の2つに加えて、法人やネットショップ運営のスキルがある大規模事業者にMakeShop(メイクショップ)は向いています。小規模業者が多機能なネットショップを利用すると、機能を使いこなせずに無駄にしてしまうことになるためです。実際、集客の範囲が狭く、検索サイトやSNSの顧客流入も多くない個人事業者や経営状況の厳しい中小企業などでは、機能が高すぎてどれも中途半端にしか使えないという状況が発生するのです。

取り扱う品目も少なく、CSVなども特に必要ない。売上もほとんどないケースでは、赤字の発生に加えて機能を持て余すことになるでしょう。つまり、向いているのは、MakeShop(メイクショップ)以外のネットショップ運営でノウハウをある程度保持しており、商品数や集客機能の利用など、どちらかといえば中規模以上の企業・法人をメインに利用対象としている企業・法人でしょう。

MakeShop(メイクショップ)の機能

MakeShop(メイクショップ)の機能
MakeShop(メイクショップ)には豊富なたくさんの機能があることは述べました。そこで、用意されている機能についてまとめて取り上げます。

ショップ作成機能

MakeShop(メイクショップ)の最初のステップとして必ず必要になるのが「ショップを作る」機能です。ネットショップ作成サービスは機能に差はあれ、いずれも作成機能が搭載されているでしょう。以下は、ショップ作成の細かい機能についてそれぞれ説明します。

デザインテンプレートやオリジナルデザイン編集

173種類あるデザインテンプレートからの選択やHTML・CSSの編集で独自のデザインを作成できる機能です。「買い物カゴボタン」など専用の独自タグなども用意されています。「レスポンシブWebデザイン」では、クリエーターモードによる更に自由度の高い編集が可能です。サイト構築やショップページ作成には、以下のサイト編集機能を使うこともできます。

◎HTML補助ツール
◎HTMLエディター機能
◎ショップCMS機能
◎独自デザインバックアップ機能
◎マルチフォーム機能
◎トップページレイアウト変更
◎独自ページ(フリーページ作成)
◎FTP対応機能
◎ファビコン登録機能
◎複数商品画像の登録機能

会員制、BtoBショップ機能・年齢認証ショップ機能

年齢制限や利用者制限を訪問者に課して、さまざまな業態の切り替えが可能な機能です。加えて会員グループ機能で大手通販にあるようなランクの設定(ゴールド・シルバーなど)や法人向けの機能によるBtoB専用のショップ運営が簡単にできます。

・一元管理ツール対応
外部サービスと相互に利用できるようにすることで、MakeShop(メイクショップ)のショップ運営と同時に大手通販の販売管理や販促(ASP・アフィリエイト)、決済、会計データなどを自在に連携する機能です。

・ショップ制作ナビゲーション(開店サポート機能)
若葉マークをすべて設定することにより、運営に必要な基本のショップが初心者でもすぐに作成できる機能です。無料申込時に「開店講座テキスト」を入手できます。さらには、カレンダー機能でトップページにカレンダーの詳細を設定して表示することも可能です。

ショップ運営機能

ショップを作成したら次はショップを運営する機能が必要です。
・副管理者アカウント機能・IP制限機能
管理者が副管理者を設定したり、特定のIPアドレスからサイトへのアクセスを制限/許可したりする機能です。

・独自ドメイン設定機能
MakeShop(メイクショップ)のサイトに独自ドメインを割り当てることができる機能です。
商品データのダウンロード、アップロード・商品データ一括削除機能
商品数やデータの数が多い場合に、一度に操作できる機能です。

・個人情報ダウンロード時の通知機能
CSVなどの個人情報がダウンロードされた際にアラーム通知で知らせる設定です。

・会員管理機能
会員のランク分けやポイントを管理する機能です。他にも「会員ランクの自動振り分け機能」や「会員情報メモ機能」、「会員データのダウンロード、アップロード」の機能などを駆使して、会員のデータや設定を管理する機能が備わっています。

・注文書ダウンロード機能
注文書をExcelやCSVなどでダウンロードできる機能です。「注文確認メール受け取り設定」の機能により複数のアドレスにメールを送信することが可能。「在庫アラートメール機能」や「メールアドレス発行」、「メルマガ会員のインポート」、「自動返信メール機能」、「メルマガ配信機能」などから会員に送るメールのさまざまな機能を管理できます。

また、有料機能には「注文データのインポート機能」や「注文データ一括削除機能」、「メール配信プラス」などを導入できるので、さらに便利になるよう追加しましょう。

・買い物かご・決済・注文処理・配送機能
ネットショップ運営において、顧客が利用の際に便利さを感じやすい部分として、買い物かごや決済、注文処理、配送機能などが挙げられます。注文時に配送日時の設定や送料の表示、カード情報の保持、ギフト対応などが買い物かごの機能で表示や設定ができます。

決済機能では、基本決済設定(代引き、銀行振込、ゆうちょ銀行)に加えて、各種決済方法(後払いやAmazon Pay、PayPalなど多数)を追加することが可能です。注文処理・配送では、伝票番号をまとめて登録する、注文メールを配信する、納品明細書をカスタマイズするといった機能が使えるでしょう。

集客・データ分析機能

ネットショップを運営する中で集客やデータの分析を同時に進める必要があります。そこで、MakeShop(メイクショップ)の集客機能やデータ分析機能を使用することが可能です。集客機能としては、各大手サイト(Yahoo!・LINE・Instagram)とのショッピング連携やGoogle商品リスト広告連携、SEO設定、会員紹介機能などを通じて顧客を集めます。

さらに、それらのデータをウェブ解析ツールGoogle Analyticsを使った「eコマース機能」や売上分析機能などでさまざまなアプローチからアクセスや売上の情報を分析できます。以上で紹介した主要機能の他にも追加できるオプション機能なども豊富に用意されています。

MakeShop(メイクショップ)の料金

MakeShop(メイクショップ)の料金
MakeShop(メイクショップ)は手数料などの細かい費用が発生しないため、月額料金や初期費用が明確です。そこで、MakeShop(メイクショップ)の料金体系についてそれぞれのプランを説明します。

プレミアムショッププラン

プレミアムショッププランは、MakeShopの一番人気にあたるメインプランです。月額10,000円で、長く使うほどお得になり、最大で3割引の7,000円まで減額します。初期費用は10,000円で手数料なし。10,000商品まで取り扱うことができます。

データ容量は商品画像で12GB、商品説明は10GB、メール容量・サブメール容量がそれぞれ100MBです。いくつかの機能を除いて、ほとんどの機能が使えるでしょう。

【プレミアムプラン月額料金(税抜)】
1ヶ月契約:10,000円/月
3ヵ月契約: 9,750円/月( 2.5%割引)
6ヵ月契約: 9,500円/月( 5%割引)
12ヶ月契約: 9,000円/月(10%割引)
24ヵ月契約: 8,500円/月(15%割引)
36ヶ月契約: 8,000円/月(20%割引)
60ヶ月契約: 7,000円/月(30%割引)
(引用:https://www.makeshop.jp/main/plan/business.html)

MakeShopエンタープライズ

MakeShopエンタープライズは、高機能を揃えた大規模ショップ向けのプランです。月額50,000円から利用可能で、初期費用は100,000円。プレミアムショッププランのような割引サービスがないため、長期間の利用でも料金は一定です。取り扱える商品数は50,000品が上限です。プレミアムショッププランでは対象外だった機能もすべて使えます。また、容量も商品画像で12GBから60GBに、商品説明が10GBから50GBと5倍にアップします。(メール容量・サブメール容量はそのままです。)

ビジネスショッププラン

ビジネスショッププランは、個人向けの機能制限されたプランです。月額3,000円から利用できて初期費用は10,000円。プレミアムショッププランと同じで長期契約により30%まで最大割引される仕組みです。ただし、オリジナルデザインやCSV管理、サポートなどの独自機能のほとんどが利用できません。

【ビジネスプラン月額料金(税抜)】
1ヶ月契約: 3,000円/月
3ヵ月契約: 2,925円/月( 2.5%割引)
6ヵ月契約: 2,850円/月( 5%割引)
12ヶ月契約: 2,700円/月(10%割引)
24ヵ月契約: 2,550円/月(15%割引)
36ヶ月契約: 2,400円/月(20%割引)
60ヶ月契約: 2,100円/月(30%割引)
(引用:https://www.makeshop.jp/main/plan/business.html)

MakeShop(メイクショップ)の効果的な使い方・運用方法

MakeShop(メイクショップ)の効果的な使い方・運用方法
MakeShop(メイクショップ)は使い方を工夫することで運用効率を高めることができます。そこでの利用を検討している方に向けたより効率的な使い方、運用の仕方を紹介します。

公式のサポートを活用する

スタートアップや利用中にわからないことはサポートを通して質問し、解決することで作業時間を効率化できます。ECアドバイザーが運営や開発・構築のプロとして適切なアドバイスを行い、MakeShop(メイクショップ)が初めての人にも利用しやすいサービスを提供していることがポイントです。特にドメインやサイト構築、セキュリティなどの設定や商品のジャンルに合わせた販売方法などを知ることができるでしょう。

ショップ作成の成功ノウハウ・事例をチェックする

ネットショップには、まず成功事例を熟知してそこからオリジナルのカスタマイズを生み出すことが必要です。そのためには、成功ノウハウ・事例を研究して、基本知識やその応用などを自分の手で目標を掲げ、実際のサイト運営に反映させることが大切です。つまずきそうな部分をあらかじめ把握しておき、その対応策を用意しておけば、効率的な運用が可能でしょう。特に、デザインや売上が伸びてきた場合、サイト仕様変更などはネットショップ作成・運用の重要事項です。

集客方法に役立つ情報を分析して運用する

ネットショップのサイトページや販売の便利機能をどれだけ充実させても、客の集まらないサイトでは売上は上昇しません。そのため、集客方法のいろはを学んだり、すでに取り上げたMakeShop(メイクショップ)専用の集客機能(SNSやメール機能等)で顧客のサイトアクセスを促すなどして、じわじわと売上を伸ばす仕組みを構築しましょう。

【まとめ】MakeShopの評判、実はどうなの?

MakeShop(メイクショップ)の機能や特徴、料金などについて紹介しましたが、いかがでしたか。MakeShop(メイクショップ)は月額利用料と初期費用で利用する方式を採用し、多種多様な機能がサービス内に網羅されています。自由なカスタマイズを施したい企業にとって便利で高機能なネットショップ作成サービスでしょう。

MakeShop(メイクショップ)の評判は上々で、手数料がかからない点やサポートがしっかりしている点、プレミアムプランで高機能を使える点などが評価されています。これから、本気でネットショップを初めて高い売上目標を目指す人や企業は、MakeShop(メイクショップ)の導入を検討してみましょう。

株式会社ライフエスコートでは、MakeShop(メイクショップ)のでネットショップを開設したい方、うまく売上を伸ばすことができていない方のコンサルティングを行うことができます。お気軽にご相談ください。

ECの困ったをフルサポート
お気軽にお問い合わせください
今すぐ!ライフエスコートに相談する

株式会社ライフエスコートご対応時間平日10時~18時

知っておきたい情報満載!↓メルマガ登録はこちら