【最新】LINE公式アカウントの使い方とは?ECコンサルがわかりやすく解説!

「LINE公式アカウントを開設してみたけど、使い方がよくわからない…」という方、多いのではないでしょうか?

実際に多くの企業や店舗がアカウントを持っていても、効果的に活用できていないケースも少なくありません。

そこで今回の記事では、LINE公式アカウントの主な機能やその活用方法について、詳しくご紹介していきます。

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、企業や店舗がLINE上にアカウントを作り、友達登録をしているユーザーにセールやキャンペーンなど様々な情報を届けることができるサービスです。

現在37万件を超える企業や店舗がアカウントを開設してビジネスに活用しています。

LINE公式アカウントでできること

LINE公式アカウントでは、友達登録してくれたユーザーに対してメッセージを送ることができます。

ユーザーが日常的に利用するLINEに企業や店舗の情報が配信されるため、見てもらえやすく気軽にアプローチできます。

またLINE公式アカウントには、無料プランと有料プランの2つに分かれます。

開設にかかる初期費用は無料ですが、無料プランだと送れるメッセージ件数が月に1000通までとなっており、それ以上送信する場合は有料プランで契約しなければなりません。

メッセージ件数は送信人数×回数となるため、例えば100人に送信する場合、無料プランでは10回までとなります。

このように、料金によっては制限があるので注意しましょう。

LINE公式アカウントですぐこれをしよう!おすすめの使い方3つ

LINE公式アカウントでは便利な機能が充実しています。

次に、LINE公式アカウントを開設したら試して欲しいおすすめの使い方を3つご紹介します。

メッセージ配信

まず一つ目に、メッセージ配信です。

こちらは公式アカウントを友達追加したユーザーに対しメッセージを配信できる機能で、テキストは1吹き出し500字まで送信できます。

またテキストだけでなく、スタンプや画像、動画なども併せて配信することが可能です。

テキスト以外のメッセージを活用することで、よりユーザーに興味を持ってもらえるメッセージ配信ができます。

チャット

二つ目に、チャット機能です。

こちらの機能では、LINEのトークと同じようにユーザー一人一人とのチャットや、複数のユーザーグループとのチャットが可能です。

活用方法としては、例えばユーザーから問合せを従来は電話受付だったのが、LINE公式アカウントのチャット機能でも実現することができます。

他にもLINEのチャット機能でユーザーが日付を送ると、自動的に予約受付画面に移動し、その場で予約が完了できるなど、様々な活用方法があります。

また応答に関しては自動応答の設定も可能なため、企業側も手間がかかることなく活用することが可能です。

このように、チャット機能によってよりきめ細やかな顧客対応が実現できます。

クーポン

三つ目に、クーポンです。

こちらは店舗やECサイトで利用できるクーポンを発行し、メッセージとして配信できる機能です。

例えば公式アカウントを友達追加してくれたタイミングでクーポンを発行すると、新規で商品やサービスを利用してもらうきっかけとなるでしょう。

他にも抽選キャンペーンを作成することができ、イベント等で抽選機能を活用したい時にも便利になります。

やはり割引やプレゼントなどの特典はユーザーを惹きつけるポイントの一つです。

LINE公式アカウントだとメールなどで配信するよりも見逃しが少ないため、ぜひアカウント開設の際には試してみてください。

ほかにも便利な機能がたくさん

上にあげた基本的な3つの使い方のほかにも、便利な機能がたくさんあります。

次にその他の機能に関して、詳しく解説していきます。

自動応答機能・キーワード応答機能

一つ目に、自動応答機能・キーワード応答機能です。

こちらは簡単に言うと、ユーザーからチャットで送られてきたメッセージに対して、自動で応答する機能となります。

例えばLINE公式アカウントを運営する人が忙しい場合や休業日などでも、自動応答機能を活用することでユーザーを待たせることなくスピーディーな応答が可能となります。

また自動応答に関しては、次の3つの応答タイプから選択することができます。

  1. 自動応答機能:ユーザーからのメッセージに対して事前に登録したメッセージをランダムに送信
  2. キーワード応答機能:ユーザーから特定のキーワードを受け取った時に自動で応答
  3. シンプルQ&A機能:ユーザーから受け取ったトークをAIが判別してカテゴリー別に返信

特に飲食店や美容院、宿泊施設や各種教室などで効果的に利用できます。

アカウント運営の担当者が他業務で忙しい場合でも即時対応が可能なため、多くの店舗や企業に活用されています。

リッチメッセージ・リッチビデオメッセージ

二つ目に、リッチメッセージ・リッチビデオメッセージです。

こちらは画像や動画とテキスト情報1つの吹き出しにまとめて配信できる機能で、テキストのみのメッセージよりも視覚的に分かりやすいというメリットがあります。

ユーザーへの高い誘導効果が見込めるため、例えば商品ページへの誘導やクーポン利用の促進などに使うと効果的です。

ターゲットやキャンペーン内容に合わせた適切なクリエイティブを用意することで、よりユーザーの反応を高めることができます。

リッチメニュー

三つ目に、リッチメニューです。

リッチメニューとは、ユーザーがLINE公式アカウントのトーク画面を訪れた際に、画面下部に大きく開くメニューのことを指します。

メニュー内をタップすると外部サイトや他サービス画面に誘導することができ、ユーザーがメッセージを送信しなくても簡単に操作することができます。

例えば飲食店であれば、予約受付やメニュー表などの項目を載せ、ユーザーがトーク画面から簡単にアクセスすることができます。

ショップカード

四つ目に、ショップカードです。

LINEでデジタルショップカードを作成し、紙のショップカードと同様にポイントを貯めることができます。

使い方の例としては、商品購入やサービス利用・来店などでポイントを貯め、5つポイントがたまったら「次回来店時に1000円オフ」といった活用ができます。

スマホ一つでポイントを貯めることができるため、ユーザーにとっても「ポイントカードを忘れてしまった」などの事態が発生しなくなります。

友だち追加広告

五つ目に、友だち追加広告です。

こちらはLINE広告で提供しているもので、広告を通じてLINE友だちを獲得していく配信機能です。

広告を出稿する際は年齢や性別などでターゲティングが可能なため、見込み客に効率よくアプローチし、LINE友だちを増やすことができます。

こちらはLINE公式アカウントのウェブ版管理画面から簡単に出稿が可能ため、ぜひチャレンジしてみてください。

最初にしておきたいことをチェック

次に、アカウントを開設したらまずスタートしたいことについていくつかご紹介します。

自分を友だちに追加する

まず最初のステップとして、自分を友だち登録してみましょう。

自分がユーザーの一員として機能を使っていくうえで、正しく設定できているか、また物足りなさを感じる点はないか等、確認していきます。

実際に運営側として設定していると気づかないことも、友達登録をして利用すると改善点に気づくことがあります。

そのため、このステップをアカウントを周知する前に行うようにしましょう。

初回あいさつメッセージを設定

次に、初回あいさつメッセージの設定です。

初回メッセージとは、ユーザーが企業や店舗のLINE公式アカウントを友だち追加した際に、最初に自動で配信されるメッセージのことです。

ユーザーの多くは初回メッセージによって、自分にとって有益な情報を発信してくれるアカウントかどうかを判断します。

そのためファーストコンタクトとなる「初回メッセージ」には、多くの企業や店舗が力を入れています。

ユーザーを惹きつける戦略として、例えば特定のキーワードをユーザーが入力すると画像・動画が出てくる仕掛けや、リッチメッセージによる演出などが挙げられます。

他にもクーポン配信によって実店舗への誘導をするなど、ユーザーに今後の期待感を持たせるような情報発信が必要となります。

料金プランについて考えておく

三つ目に、料金プランについて考えておく必要があります。

先述の通り、LINE公式アカウントの料金プランは全部で3種類あり、1月2位送るメッセージ量によってプランを切り替える必要があります。

プランの詳細としては、月額固定費0円の「フリープラン」、月額5,000円の「ライトプラン」、月額15,000円の「スタンダードプラン」の三つです。

有料プランにはメッセージの上限があり、月額固定費のほか、メッセージ通数に応じた従量課金制がとられているため注意が必要です。

無料プランと有料プランは、ユーザーとどのようなコミュニケーションがしたいかによって使い分けるとよいでしょう。

例えば無料プランであっても、チャットやタイムライン投稿は無制限に行えるため、1対1のコミュニケーションを密に行いたい場合は無料プランでもうまく活用できるでしょう。

その他例えば、新規顧客獲得や大々的なプロモーションの場としてLINE公式アカウントを活用したい場合は、やはり定期的なメッセージ配信が重要となるため、有料プランを検討するとよいでしょう。

このように配信頻度や友だち登録の数などを考慮して、料金プランはあらかじめ考えておきましょう。

LINE公式アカウントを有効に使うには?

最後に、LINE公式アカウントを有効に使う方法についてご紹介します。

アカウントを開設したら、友だちを増やすために以下のようなことをしましょう。

LINE公式アカウントの存在を知らせる

まず一つ目に、LINE公式アカウントの存在をユーザーへお知らせしましょう。

せっかくアカウントを開設しても友だち登録が少ないと効果が出ません。

そのため、LINE公式アカウントのIDや、友だち追加用QRコードを印刷した店頭POPを掲示したり、店頭スタッフが来店したお客様へ直接声をかけて登録を促したりなど、工夫してみましょう。

またウェブサイト・メルマガ・各種SNSからLINE公式アカウント開設に関する情報を発信するなど、より多くのユーザーに周知するようにしましょう。

継続的な特典やお得な情報を提供する

二つ目に、継続的な特典やお得な情報を提供するということです。

新規のみならず、すでに友だちになっているユーザーに対しても継続的な特典やお得なサービスを提供することが大切です。

定期的なインセンティブを与えることで、ユーザー間の口コミがよくなり、友だちを増やす重要な要素にもなります。

LINEプロモーションスタンプを利用する

三つ目に、LINEプロモーションスタンプを利用するということです。

こちらは公式アカウントを友だち登録するとスタンプがダウンロードできるサービスのことです。

費用はかかりますが、ユーザーから気軽に友だち登録をしてもらいやすく、一気に多くの友だちを獲得できることもあります。

ライフエスコートのLINE公式アカウントコンサル&運用サービスとは

株式会社ライフエスコートでは、LINE公式アカウントコンサル&運用サービスを行っています。スタートアップ~配信コンテンツの制作進行管理、KPIレポートをもとにした施策提案など。一連の運用を一括してフルサポートしています。

【ライフエスコートの8つの強み】

  • 戦略に基づく、コンテンツ、スタンプ配信
  • エンゲージメント率をUPさせるタイムライン施策・アカウント説明
  • 効果的なリッチメッセージ配信
  • 業界に合わせたキーワード応答
  • LINEに適したコンテンツ制作
  • 管理画面から取れない数値も検証・分析可能
  • 5,000いいねを集めたコンテンツ研究
  • 事例を活かした多数のノウハウを所持

実際、自分がLINE公式アカウントの運用担当者になった時、どう運用していいかわからない、うまく活用できていないなど、悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

弊社のLINE公式アカウントコンサル&運用サービスは、初期設定、月次運用代行のフルサポートだけでなく、スポットでのクリエイティブ制作なども承っております

サービスの詳細は、下記ページよりご覧いただけます!

まとめ

今回の記事では、LINE公式アカウントの主要な機能やその活用ポイント、アカウント開設後の注意点等について解説しました。

特にメッセージ配信やチャット、クーポン発行を効果的に活用できれば、ユーザーとのコミュニケーションの幅はどんどん広がっていきます。

また全ての情報発信をトーク画面で見ることができるため、ユーザーにとっても便利で快適なサービスとなっています。

ぜひこの記事を参考にしながら、LINE公式アカウントをまずは気軽にはじめてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

2005年にEC支援フルサービスの提供をスタートのを皮切りに、2010年には完全自社で撮影できるスタジオ等を設立。実績は、一部上場企業ECサイト運用、輸入タイヤ通販会社経営、現在では別会社で小型家電をOEMで作りD2Cサイトを運営し、常にノウハウを検証しながら顧客へ売上改善、在庫最適化、作業効率化などを提供中

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が提供する「EC・IT活用支援パートナー制度」に登録