【ECハウツー7日間】メルマガ講座はこちらから

LINEの公式アカウントを使って無料でできることは?プランの種類や使える機能について解説

LINE公式アカウントでは月に1000通までのメッセージ配信ができます。また新規及びリピーター獲得に効果的な機能の多くを、無料で活用することが可能です。

今回の記事では、LINE公式アカウントの種類やプラン、各種機能についてそれぞれの特徴や活用方法についてご紹介します。ぜひ本記事を参考に、自社のLINE公式アカウント運用を効果的に役立ててください。

LINEの公式アカウントとは

LINE公式アカウントとは、企業や店舗がLINE上にアカウントを作り、友達登録をしているユーザーにセールやキャンペーン情報などを届けることができるサービスです。

現在は37万件を超える企業や店舗がアカウント開設をして、ビジネスに活用しています。

LINEアカウントの種類・プラン

次に、LINEアカウントの種類・プランについてご紹介していきます。

LINE公式アカウントは開設も運用もお金をかけずに行うことができます。最初はほとんどの方が無料のフリープランからスタートしますが、公式アカウントの活用目的や頻度によっては、有料プランへの切り替えがおすすめです。

では具体的にどのようなプラン内容、特徴があるかについて解説していきます。

フリープラン

まずは無料で使えるフリープランについてです。こちらは月額固定料0円で、1000通までのメッセージを送ることができます。

フリープランで登録していると1000通以上のメッセージが送れないように設定されるため、誤って1000通以上送り追加料金がかかってしまうということはありません。1000通のメッセージカウントは友だち数×メッセージ送信数で計算されます。

そのため、例えば500人の友だちがいる場合、フリープランだと1ヶ月に2件までしかメッセージを送れないということになります。

ライトプラン

続いてライトプランについてです。こちらは月額固定料5000円で15000通までのメッセージを送ることができます。

無料のフリープランとは異なり、15000通以上のメッセージを送りたい場合は1件につき5円が追加料金としてかかってきます。

追加メッセージ量が増えれば増えるほど追加料金は莫大となってしまうため、15000通以上送る可能性がある場合は、次に紹介するプランがおすすめです。

スタンダードプラン

最後にご紹介するのは、スタンダードプランです。こちらは月額固定料15000円で45000通までのメッセージを送ることができます。45000通以上のメッセージを送る場合、追加料金は一通につき3円かかります。

運用年数が長くなり、LINEアカウントの保持する友だち数が多くなった場合は、ライトプラン・スタンダードプランへの切り替えを検討すると良いでしょう。ただし、LINE公式アカウントではどの価格帯のプランであっても全ての機能を利用することができます。

中にはオプション機能と呼ばれる有料の機能もありますが、オプション機能はどのプランで登録している場合でも、別途申し込みが必要です。つまり、プランによって異なるのは月に配信可能なメッセージ数のみと言うことができます。

LINEの公式アカウントで無料でできること

次に、LINEの公式アカウントを使って無料でできることについてご紹介します。LINE公式アカウントではほとんどの機能を無料で活用することができます。今回はその中でも汎用性のある、代表的な機能をいくつかご紹介します。

メッセージ配信

まず一つ目に、メッセージ配信です。こちらは公式アカウントを友達追加したユーザーに対し、テキストであれば1吹き出し500字までメッセージを送信できる機能です。またテキストのみならず、スタンプや画像、動画なども配信することが可能です。

テキスト以外のメッセージを活用することで、よりユーザーにとって魅力的なメッセージ配信ができます。

LINEチャット

二つ目に、LINEチャット機能です。こちらの機能では、LINEのトークと同じようにユーザーと1対1で行う個別チャットや、複数のユーザーグループとのチャットが可能です。

活用方法としては、例えばユーザーから問合せを従来は電話受付だったのが、LINE公式アカウントのチャット機能でも実現することができます。他にもLINEのチャット機能でユーザーが日付を送ると、自動的に予約受付画面に移動し、その場で予約が完了するなど、様々な活用方法があります。

また応答に関しては自動応答の設定も可能なため、企業側も手間がかかることなく活用することが可能です。さらにチャット機能でのメッセージ配信は、フリープランの月1000通の配信数にはカウントされないため、無制限に利用することができます。

このように、チャット機能によって新規顧客やリピーターの獲得、顧客満足度の向上など様々な効果が期待できます。しかし、注意点としてチャット機能の場合企業や店舗からメッセージを配信することができず、ユーザーから送ってもらう必要があります。

販促機能

三つ目に、販促機能です。LINE公式アカウントでは、販促機能として店舗やECサイトで利用できるクーポンを友だちに対して配信することができます。

例えば公式アカウントを友達追加してくれたタイミングでクーポンを発行すると、新規で商品やサービスを利用してもらいやすくなります。クーポン内容は「お会計から10%オフ」「ドリンク一杯無料」など、自由に設定できます。

またLINE公式アカウントでは、デジタルのポイントカードも作成が可能です。スマートフォンでポイントカードの管理ができるようになると、ユーザーもカード忘れ等がなく、いつでもスムーズに利用することができます。やはり割引やプレゼントなどの特典はユーザーを惹きつけるポイントの一つです。

LINEだとメールなどで配信するよりも見逃しが少ないため、ぜひアカウント開設の際には試してみてください。

その他にも機能がたくさん

以上が多くの企業や店舗が活用できる、代表的な機能についてでした。しかし、LINE公式アカウントでは、まだまだ効果的に活用できる機能が多くあります。今回はその一部について、詳しくご紹介していきます。

まずは、自動応答機能・キーワード応答機能です。こちらは簡単に言うと、友だち追加されたユーザーから送られてきたメッセージに対して、自動で応答する機能となります。例えばアカウント運営者が忙しい場合や休業日などでも、自動応答機能を活用することでスピーディーな応答が可能となります。

特に飲食店や美容院、宿泊施設などのサービス業で効果的に利用できるでしょう。

自動応答機能には、「応答メッセージ」と「AI応答メッセージ」という2種類があります。応答メッセージとは、ユーザーから送られたメッセージに含まれるある「キーワード」に対し、事前に想定した設問と回答をあらかじめ管理画面上で設定し、自動応答するものです。

一方、AI応答メッセージは、ユーザーからのメッセージ内容を、AIが判別して適切なメッセージを返信します。どんな時でも即時対応が可能なため、多くの店舗や企業に活用されています。

二つ目に、リッチメッセージ・リッチビデオメッセージです。こちらは画像や動画とテキスト情報をまとめて配信できる機能です。テキストのみのメッセージよりもインパクトがあり、視覚的に分かりやすいというメリットがあります。またユーザーの高いクリック回数が見込めるため、例えば商品ページへの誘導やクーポン利用の促進などに使うと効果的です。

リッチメッセージを使うと一度に複数の情報を一回のメッセージ配信で送れるため、メッセージ件数の節約にも繋がります。ぜひターゲットやキャンペーン内容に合わせた適切なクリエイティブを用意し、実践してみてください。

三つ目に分析です。分析機能では友だちの追加数やメッセージの開封率、タイムライン投稿のインプレッション数、クリック数などさまざまな数値を確認することができます。このような情報分析を通して、例えばメッセージの配信時間や内容は適切だったかなどを分析し、見直すことにより今後の配信効果を高めることができます。

他にも、ユーザーのニーズや興味関心を把握することにも役立たせることができます。ぜひ定期的に分析や効果検証を行い、LINE公式アカウントを効果的に活用していきましょう。 

LINE公式アカウントで有料でできること

続いて有料でLINE公式アカウントを利用する場合、どのような活用方法があるかについてご紹介します。基本的に、選択したプランが有料・無料のどちらでも使える機能に変わりはありません。

先述の通り、無料プランと有料プランの違いは月に配信できるメッセージ数のみであり、どのプランを選択しても、配信数が多いほど一通あたりの単価が安くなるように設定されています。そのため無料プランと有料プランは、ユーザーとどのようなコミュニケーションがしたいかによって使い分けるとよいでしょう。 

課金対象となるメッセージについて

基本的にはどの機能も無料で利用できるLINE公式アカウントですが、中には別途課金をすることで利用できるメッセージ機能もあります。課金対象となるメッセージ機能は以下の通りです。

  • メッセージ配信(セグメント配信含む)
  • Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」「Narrowcast API」

特に二つ目のMessaging APIとは、特定のユーザーとの双方向コミュニケーションを実現するAPIのことです。

対話型Botアプリケーションと呼ばれ、Messaging APIを活用するとLINEの管理画面を介さずに特定のユーザーとメッセージの送受信を行うことができます。送信対象を絞ることで、より効果的なメッセージ送信が可能となります。

LINE公式アカウントの運用は機能を使いこなせるかが重要

これまで様々な機能についてご紹介していきましたが、LINE公式アカウントの運用は機能を知り、使いこなすことがとても重要です。そして、せっかくアカウントを開設しても友だち登録が少ないと効果が出ません。そのため、友だち追加用QRコードを印刷した店頭POPを掲示や、店頭スタッフの積極的な声かけなど、公式アカウントの存在を知ってもらうことも大切です。

また各種SNS・ウェブサイト・メルマガなどからLINE公式アカウント開設に関する情報を発信するなど、より多くのユーザーに周知するようにしましょう。

もし他の業務によって自社でLINEの運営を行うことが難しい場合、運用を外部に委託することも一つの手段です。ぜひ効果的な運用ができるかお悩みの方は、弊社ライフエスコートまでお気軽にご連絡ください。

ライフエスコートのLINE公式アカウントコンサル&運用サービスとは

株式会社ライフエスコートでは、LINE公式アカウントコンサル&運用サービスを行っています。スタートアップ~配信コンテンツの制作進行管理、KPIレポートをもとにした施策提案など。一連の運用を一括してフルサポートしています。

【ライフエスコートの8つの強み】

  • 戦略に基づく、コンテンツ、スタンプ配信
  • エンゲージメント率をUPさせるタイムライン施策・アカウント説明
  • 効果的なリッチメッセージ配信
  • 業界に合わせたキーワード応答
  • LINEに適したコンテンツ制作
  • 管理画面から取れない数値も検証・分析可能
  • 5,000いいねを集めたコンテンツ研究
  • 事例を活かした多数のノウハウを所持

実際、自分がLINE公式アカウントの運用担当者になった時、どう運用していいかわからない、うまく活用できていないなど、悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

弊社のLINE公式アカウントコンサル&運用サービスは、初期設定、月次運用代行のフルサポートだけでなく、スポットでのクリエイティブ制作なども承っております

サービスの詳細は、下記ページよりご覧いただけます!

まとめ

今回の記事では、LINE公式アカウントの運用方法について、プランや各種機能など詳しくご紹介していきました。日本では多くのユーザーがLINEを利用しており、LINEを使ったプロモーションも多くの企業が展開しています。

LINE公式アカウントでは無料で多くの機能を活用できるため、ぜひ気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

ABOUT US
多賀井隆之
2005年にEC支援フルサービスの提供をスタートのを皮切りに、2010年には完全自社で撮影できるスタジオ等を設立。実績は、一部上場企業ECサイト運用、輸入タイヤ通販会社経営、現在では別会社で小型家電をOEMで作りD2Cサイトを運営し、常にノウハウを検証しながら顧客へ売上改善、在庫最適化、作業効率化などを提供中

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が提供する「EC・IT活用支援パートナー制度」に登録