【最新】LINE公式アカウントの作り方とは?種類・プランなど徹底解説!

ECサイトや実店舗にメルマガやDMで集客を図ろうとしても、上手く客数や売上が伸びないという悩みを持つ企業経営者や担当者も少なくないでしょう。

そんなとき、LINE公式アカウントを作って集客に結びつけることが効果的です。

確かにLINE公式アカウントは以前まで、高額な初期費用や料金がかかっていた過去があります。予算に余裕のない事業者には難しいイメージさえあります。しかし、いまでは初期費用無料で無料プランまであり、さまざまな機能が使えます。

そのため、集客に活用したいEC事業者に作り方や機能を使った活用方法などについて紹介します。また、メッセージ送信数の上限や有料プランについてやカウントが作れない職種についても取り上げます。

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントは、日本でチャットツールとして人気の高いLINEの運営会社が提供するビジネス向けのアカウントです。37万以上の企業・店舗が利用を始めており、自社ビジネスへの導入と活用が積極的に行われています。

EC事業者にとっては、自社ホームページにアカウントを作って、商品を販売する場を整える方法とは少し違います。なぜなら、LINEは日本人口における7割以上の約9,000万人に使われている身近なものです。

つまり、メルマガ配信や専用アプリの広告配信よりも多くの人にアプローチして、効率よく集客、高い広告効果を得られます。

LINE公式アカウントでできること

LINE公式アカウントには、無料のフリープランと有料プランのライトプラン、スタンダードプランの2種類があります。そして、無料プランだけでも販売促進、集客、カスタマーサポートなどに関するさまざまな機能を使えるのです。ここでは特徴的な3つのできることを紹介します。

メッセージ配信

まずはLINEのビジネス向けな使い方として「メッセージ配信」の機能です。LINE公式アカウントを通じて「友だち」となれば、企業や店舗側から個人宛にメッセージを送る機能が付いています。

通常のLINEと同じで、スタンプや画像、マーケティングでも活用が増えている動画までメッセージ配信にて可能です。

また、集客に大きな効果を発揮するセグメント配信も用意しており、地域や年齢を指定して配信することで、ニーズに近い客層へのアプローチを実現するでしょう。

LINEチャット

LINEチャットとは、LINE公式アカウントから「友だち」に対して、コミュニケーションを取れる機能の1つです。1人ひとりにタグ付けやノートの追加、ラベルの設定をする顧客管理機能を利用できます。

例えば、「ご来店のお礼」を送る機能として使え、顧客との距離を近づけます。ただし、チャットの開始は、顧客からが原則として設定されており、企業・店舗の一方的なチャット送付は行えない仕組みです。そのため、顧客は安心して企業・店舗とのLINEチャットを始められます。

企業・店舗としても、曜日設定や「自動応答メッセージ」の機能を活用することで定休日や時間帯に関係なく、設定したメッセージによる応対が可能です。初期設定でもメッセージが送れるようになっているため、営業時間外をカバーしたいだけというECサイトにも活用しやすいでしょう。

販促機能

LINE公式アカウントには、クーポン作成やメッセージを活用した販促機能があります。この機能を活用すれば、ECショップにアクセスした際にクーポンを発行して商品購入を促すことも可能です。

また、商品の購入や来店ポイントを貯めるデジタルのポイントカードやスタンプカードを作ることも販促の一環です。ECサイトを運営する実店舗にとっては、LINEのQRコード機能を活用し、来店時に顧客がQRコードを読み取りクーポンを発行します。これにより、手軽な操作だけで店舗利用の機会を増やせます。

もちろん、実店舗だけが販促機能の活用場所ではなく、ホームページを店舗とみなしたネットショップ運営しかしていないEC事業者にも魅力的な機能です。

LINE公式アカウントを作るメリット

LINE公式アカウントを開設するメリットはたくさんあります。ここでは主な6つのメリットについて説明します。

スマホと相性がいい

LINEは利用者をスマホに限定しているため、スマホと相性がいいことがメリットです。前述の通り、LINEの普及率は高く、多くのユーザーが目にする機会を作り出します。それだけでなく、新たにアプリ登録やメールアドレスの登録を促すよりも、すでにLINEユーザーなことを生かして、公式アカウントへの登録の敷居を下げられます。

つまり、プラットフォームを変えずに、すでに存在するユーザーから利用者を獲得して、新規顧客獲得のハードルを下げ、ECサイトへの集客効果を高めるのです。

チラシやDM代を節約できる

実店舗を持つショップ運営事業者は、チラシやDMの制作と配布で販促し、費用をかけて来店を促すことが一般的です。しかし、チラシやDMを使わずに、販促物の作成やクーポン、スタンプカード等もLINE公式アカウント内で作成できるため、大幅にコストを削減することができます。

しかもフリープランは月額無料で利用できることから、小規模事業者は販促をしても無料の範囲で余計な費用がかかりにくいことです。ECサイトではチラシやクーポンを発行できる公式アプリの開発に費用がかかるため、予算のないEC事業者にとって、LINE公式アカウントでカバーできるのは大きなメリットです。

初期費用がかからない

LINE公式アカウントのメリットの1つとして、初期費用なしの気軽に始められることが挙げられます。アカウントの作成時にまったく料金がかからず、フリープランの場合、初期費用は0円、月額使用料も0円と初期費用は実質無料です。

使い始めたばかりで、急に初期費用が発生することもありません。フリープランから、ライトプラン、スタンダードプランに変更するときのみ、月額使用料が発生します。そのため、費用を気にせず気軽に情報発信ができます。宣伝に費用を割く必要がなく、その分を運営や設備投資にまわせます。

便利な機能が無料で使える

フリープランには、基本機能と便利機能が備わっています。例えば、メッセージの送信、LINEチャット、LINEコール、自動応答メッセージ、ショップカード、リッチメニュー、クーポンの作成など基本的な機能は、すべて無料で利用可能です。これに加え、オプション機能としてLINEマーケットプレイス、友だち追加広告、LINEで予約、友だち追加広告、LINEAPIなどをつけることもできます。

ただし、注意点として無料のフリープランでは1か月に1,000通しかユーザーにメッセージを送れません。もし友だちが増えた場合は有料プランに切り替えることで、1か月に送れるメッセージ数を増やすことができますがその場合は費用が発生します。

LINEだから開封率が高い

LINE公式アカウントでは、開封率が高いサービス内のLINEユーザーに直接届けられます。通常、ECサイトが利用するメルマガでは、顧客のキャリアメールやフリーメールアドレスに送付しても、迷惑メール設定に引っかかり開封・閲覧されません。届いても読まれないケースもあるでしょう。

しかし、LINEユーザーはLINE公式アカウントから来たメッセージを開封するまでの体感時間が、すぐ開封がおよそ2割、3~6時間程度で半分に、当日中には8割にまで達します。当然ながら、メッセージのクリック率、商品の購入率等も高まるため、売上にしっかりと反映されます。

配信の効果を分析できる

LINE公式アカウントには、分析ページというサービスがあります。友だち追加人数、ブロック人数、運用をするにあたって、各種数値をデータとして見られる機能です。代表的な効果測定内容として、リサーチ、タイムライン投稿、分析などを実施します。このように、広告や販促効果を把握し、効率的な集客の手法を分析することが可能です。

LINEアカウントの種類・プラン

LINE公式アカウント開設時は、「フリープラン」でスタートします。ここでは、認証済みなどアカウントの種類や有料プランについて説明します。

認証済アカウント

LINE公式アカウントで重要となる「認証済アカウント」は、審査を経て取得できる認証制度のことです。審査通過したアカウントには、アカウントバッジが与えられて、LINEアプリ内に検索結果が表示される仕組みがあります。

  • 「Paid」の請求書決済
  • 友達の追加広告機能を利用
  • 販促用ポスターをダウンロード

などの認証済みだけの特別な使い方ができます。

未認証アカウント

一方、「未認証アカウント」は審査をしていない公式アカウントのことです。未認証のままでは検索結果の対象外です。

LINEアプリの表示でアカウントが検索結果に出ないと、友だち登録の際にQRコードやIDの入力が必要となるため手間がかかってしまいます。

店頭に設置する「のぼり」や「POP」などのノベルティーも、LINEで気軽に発注できないため、宣伝する際には大変不便です。何より、未認証アカウントは「認証済」というバッジが付くことでユーザーから受ける信頼感や安心感などの恩恵が得られません。

有料プラン

LINE公式アカウントをスタートした段階では、無料の「フリープラン」が選択されています。しかし、送信メッセージの数が1,000通に達した際に、送信限度が来るため、引き続き送付するには有料プランへのグレードアップを検討する必要があります。

また、有料プランは、メニューが「ライトプラン」(月額5,000円)と「スタンダートプラン」(月額15,000円)の2種類です。

「フリープラン」無料の送信メッセージ数は1,000通に決まっており、それを超えると従量課金制で「ライトプラン」1.5万通を超えると1通につき5円、「スタンダードプラン」は4.5万通を超えると1通3円までかかる計算です。

ユーザー数や送付回数から集客・売上の効果測定や予算などを考慮して、フリープランのままにしておくのか、有料の2つのプランをそのまま続けるのか、あるいはグレードアップするのか見極めることが大切です。

LINE公式アカウントの作り方

ここでは、LINE公式アカウントをスマホやパソコンで作る方法を解説します。

手順①LINE公式アカウントの開設ページにアクセス

まずはLINE for Businessの公式ページにある「LINE公式アカウントの開設」にアクセスしたうえで、「LINE公式アカウントの開設(無料)」のボタンをクリックします。

手順②LINEビジネスIDを開設する

LINE公式アカウントの場合は、LINEビジネスIDが必須です。所持していない場合は、「アカウントの作成」を選択します。

ログイン時は、「LINEアカウント(個人のもの)」または「メールアドレス(企業または個人などのメールアドレス)」のいずれかの登録情報を入力し、ログインをクリックします。

ちなみに、いつも使っている個人のLINEアカウントを使用する場合とLINEビジネスアカウントを使ってメールアドレスで利用する場合とがあり、このどちらかを選択します。

手順③LINE公式アカウントを作成する

LINE Business IDが開設できたら「LINE Official Account Manager」(管理画面)にログインしたら、LINE公式アカウントの作成画面が表示されます。

このとき、アカウント情報、業種など会社や店舗の情報について必要項目を設定します。最後に確認ボタンをクリックします。

手順④入力内容の確認

画面が遷移したら最終確認画面が表示されます。これまでの入力内容に特に間違いがなければ「完了する」を押して登録完了です。

手順⑤認証済みアカウントの申請を行う

続いて、以下は任意の手続きです。公式アカウントには「認証済みアカウント」と「未認証アカウント」の2つのどちかが適用されます。

手続きをしない場合は「未認証アカウント」です。あるいは、未認証アカウントから認証済みアカウントにしたいときは、「認証済み」の申請ができます。

ただし、認証済みアカウントを承諾されるには、LINE社が実施する審査に受かる必要があります。申請すれば誰もが認証済みになれるわけではないため、注意が必要です。

LINE公式アカウントが作れない職種とは

ビジネスに活用しようとさまざまな会社がてLINE公式アカウントを作っています。しかし、LINE公式アカウントに登録できる職種には制限があります。

LINE社は下記に挙げる職種に当たると判断すれば、アカウントを与えない、運用を停止するなどの措置が取られることがあります。

出会い系

出会い系では、LINEユーザーが会員登録の誘導に使われる恐れがあります。そのため、以下の職種はLINE公式アカウントの対象外です。

  • 街コンイベント会社
  • 相席居酒屋
  • 出会いパーティー
  • ライブチャット
  • インターネット異性紹介事業

街コンイベント会社は、出会い系のイベントを企画する会社の総称です。主な目的は異性との交流になるため、LINE公式アカウントの利用規約(第18条)に抵触します。また、相席居酒屋は、事前にネットで予約や飛び込みで入店し、店内の異性と会話をしながら出会えるという居酒屋です。異性との出会いを目的としているため、こちらも職種制限によってアカウントが作れないでしょう。

同じように、出会いパーティー、インターネット異性紹介事業なども異性との出会いが中心的な目的であり、ビジネスアカウントを作成することができません。ライブチャットはリアルタイムでオンラインチャットができるサービスですが、第三者の異性と引き合わせるという点で出会い系としてアカウントが作れない制限を受けます。

アダルト系

LINE公式アカウントに限らず、さまざまな登録で制限を受けることで知られるのがアダルト系です。

  • 性風俗店
  • メンズエステ
  • アダルトショップ
  • ストリップ劇場
  • 膝枕耳かき店
  • JKビジネス

LINEは特に、上記のような職種をLINE公式アカウント利用規約第18条関連の規約で性的表現や性行為目的など、援助・助長に対してまで厳しく制限しており、ビジネスアカウントを作成できません。

メンズエステはサロンの印象では性的ではないですが、通常の一般向けサロンではない、大人向けサロンのケースもあります。女性セラピストが露出度の高い衣装を着ていたり、異性が男性のマッサージをしたりと性的サービスに近しいものを提供するものを含むため、公式アカウントを作れない職種です。

連鎖販売取引系

公式アカウントを作れない職種の中には、上手に職種としては分類されておらずとも、金銭の受け渡しや上から下に会員層を作る「連鎖販売取引系」は、アカウントを作ることができません。

  • ねずみ講
  • マルチ商法
  • MLM

ねずみ講は「無限連鎖講」とも呼ばれ、特定の組織に対して金品を出す会員をねずみ算式に増やしていく仕組みのビジネスです。

マルチ商法やMLMについても同じ連鎖販売取引に該当し、職種だけでなく、これらを目的にアカウントを作ることはできず、隠れて該当行為を行うのも禁止されています。

ネットワークビジネス販売系

ネットワークビジネス販売系は、連鎖取引ではないですが、以下のような販売商品・サービスを扱っている職種です。

  • 人の不安・不幸・射幸心につけ込み商品等を販売する
  • 法律に反する営業方法で商品等を販売する
  • 科学的根拠の薄い商品等を販売する

例えば、霊感商法のように占いや霊が見えると称して商品・サービスを売ることなどです。こういった職種に対しては、公式アカウントを作れないと定めています。他にも病気やがんに効く、法律のルールを守っていない営業手段のあるところもアカウントを作れません。

ライフエスコートのLINE公式アカウントコンサル&運用サービスとは

株式会社ライフエスコートでは、LINE公式アカウントコンサル&運用サービスを行っています。スタートアップ~配信コンテンツの制作進行管理、KPIレポートをもとにした施策提案など。一連の運用を一括してフルサポートしています。

【ライフエスコートの8つの強み】

  • 戦略に基づく、コンテンツ、スタンプ配信
  • エンゲージメント率をUPさせるタイムライン施策・アカウント説明
  • 効果的なリッチメッセージ配信
  • 業界に合わせたキーワード応答
  • LINEに適したコンテンツ制作
  • 管理画面から取れない数値も検証・分析可能
  • 5,000いいねを集めたコンテンツ研究
  • 事例を活かした多数のノウハウを所持

実際、自分がLINE公式アカウントの運用担当者になった時、どう運用していいかわからない、うまく活用できていないなど、悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

弊社のLINE公式アカウントコンサル&運用サービスは、初期設定、月次運用代行のフルサポートだけでなく、スポットでのクリエイティブ制作なども承っております

サービスの詳細は、下記ページよりご覧いただけます!

まとめ

今回は、LINE公式アカウントについて、できることやメリット、アカウントの作り方について解説しました。

LINE公式アカウントはECモールの公式アカウントとは異なり、日本で普及しているアプリのLINEユーザーに宣伝や販促をして集客できる魅力があります。

また、初期費用が一切なく、フリープランやメッセージ送信数の増える有料アカウントもあり、上手く活用することでECビジネスを効率的に展開できます。アカウントの作成は、LINEビジネスIDがあれば作れるため、それ以外は登録作業も簡単です。

ただし、アカウント作りの注意点としては、出会い系やアダルト系、連鎖販売取引系などの職種に対しては公式アカウントが作れません。以上に気をつけてアカウントを作り、集客や売上を伸ばしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

2005年にEC支援フルサービスの提供をスタートのを皮切りに、2010年には完全自社で撮影できるスタジオ等を設立。実績は、一部上場企業ECサイト運用、輸入タイヤ通販会社経営、現在では別会社で小型家電をOEMで作りD2Cサイトを運営し、常にノウハウを検証しながら顧客へ売上改善、在庫最適化、作業効率化などを提供中

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が提供する「EC・IT活用支援パートナー制度」に登録