今流行りのチャネルトークとは?料金·評判·機能について解説します

今流行りのチャネルトークとは?料金·評判·機能について解説します

新型コロナによりEC事業の分野が活発化しており、これからECがさらに発展することが予想されます。チャネルトークは、そんなECサイトにファンを増やして売上を引き伸ばす企業向けチャットサービスです。

チャネルトークのサービスを提供する会社は、2021年3月17日に社名を変更したChannel Corporationです。本記事では、チャネルトークの機能、料金、活用法などについて解説します。

チャネルトークとは

チャネルトークとは

チャネルトークとは、実際にどのようなものでしょうか。ここではチャネルトークの簡単な概要について説明します。

多数の企業が導入するコミュニケーションツール

チャネルトークは多くの企業がツールを販売に活用しています。チャネルトークを利用する企業の数は43,621と日本最大級を誇ります。

一般的に、ECはD2CやBtoC、BtoBなどさまざまなタイプがあり、いずれも相手の顧客と効率的にコミュニケーションを取ることが課題です。これまでは電話やメールなどのカスタマーサポートが当たり前でしたが、顧客対応の効率はそこまで高くはありませんでした。

そこで、EC販売業者は顧客問い合わせにチャネルトークのチャットで対応することができます。ツール利用の際に、難しい知識やスキルは不要なため、スマホアプリによくあるコミュニケーションツールで会話する感覚で使いこなせます。

PCやスマホで利用できる

ビジネス向けのチャットツールの中には、PC対応のみでスマホに未対応というものも少なくありませんが、チャネルトークはその両方に対応しています。

管理画面のアプリダウンロードができるデバイスは、「Windows」、「Mac」、「Android」、「iOS」の4つです。スマホで操作できるため、外出中にツールを利用して社内チャットやサポートなどが可能でしょう。

見込み顧客や売上をアップする

チャネルトークは連絡手段として利用するツールに限定するのではなく、売上などに直結するコンバージョン率の向上を目指したツールとして作られています。企業事例では、顧客数の増加や売上の上昇など具体的な効果をツール導入によって実現しています。

\最新情報満載!現場最前線のECコンサルが執筆/ ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する

チャネルトークの特徴・機能

チャネルトークの特徴・機能

チャネルトークの特徴、機能についてまとめます。

Webチャット・ビジネスチャット機能

チャネルトークには、社内チャットと接客チャットの両方が同時に行えるシステムがあり、「顧客対応」と「社内会話」の切り替え機能が特徴です。顧客対応の一方で、社内では社員間でコミュニケーションを取れるのです。

ビジネスチャットをECサイトに簡単設置することができ、シナリオ型チャットボットを用いることでFAQを高速化・効率化します。自動チャットは、難しいコードなどを理解しなくても設定できるため、EC運営の特別なスキルのないスタッフにも運用可能です。

カスタマーマーケティング機能

チャネルトークの素晴らしい機能として、「自動配信」や「一括即時配信」、「連絡先管理」などが挙げられます。まず、顧客の情報をリスト化して、フィルター機能で絞り、一括で情報を配信できるのです。

マーケティングでは、「セグメント配信の自動化」といって、すでに会員として登録している人に定期的にお得な情報やキャンペーンなどを伝えてリピーター率(ファンの数)を向上させるのが鉄則ですが、それをカスタマーマーケティング機能ではかなり効率的に行えるのです。

例えば、代表的なものとしてカートに商品を残した人にメールや通知でカート落ち率を減らす方法などです。

外部アプリと連携

チャネルトークには、外部アプリのLINE公式アカウントと連携する機能があります。連携することで情報を共有し、チャネルトークの使い方の幅を広げることができるのです。そして、連携は無料で行えます。

他の外部アプリにもいくつか連携先があり、Slack(通知)やコールコネクト(顧客情報)、Instagram(ビジネスアカウントのみ可)などが共有可能です。

\最新情報満載!現場最前線のECコンサルが執筆/ ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する

チャネルトークの料金プラン

チャネルトークの料金プラン

チャネルトークには、無料と有料の2種類のプランが用意されています。そこで、2つのプランについて紹介します。

無料プラン

無料プランは、月額0円で利用できるのが特徴です。有料プランに比べて利用できる機能が制限されていますが、基本的なビジネスチャットや外部アカウント連携などは無料プランでも行えます。ただし、オプションが利用できず、基本機能にも一部期間制限や使用に制約があるので気をつけましょう。

有料プラン

有料プランは、月額費用を払って利用します。有料プランには5つのプランが用意されており、アクティブユーザー数の違いによりプランを選べます。

【各有料プランの月額料金とアクティブユーザー数一覧】

プラン名月額費用アクティブユーザー数
X-Smallプラン3,000円  3,000人以下
Smallプラン5,000円8,000人以下
Mediumプラン7,000円20,000人以下
Largeプラン15,000円80,000人以下
Enterpriseプラン月額 20,000円~80,000人超過

人気プランの「Medium」を始め下位の4プランには3,000円~15,000円の幅があり、「Enterprise」問い合わせを必要とする20,000円~の料金が設定される仕組みです。

14日間の無料トライアルあり

チャネルトークは、無料プランでオプション機能を試すことができないため、導入企業向けに「14日間の無料お試し」を用意しています。そのため、本格導入の前に14日間のトライアル利用を経て使い勝手や感触を試すことが可能です。

EC事業におけるチャネルトークの活用方法

EC事業におけるチャネルトークの活用方法

チャットツールを導入することで、EC事業者は顧客対応を迅速化してマーケティング効果を高めます。そして、顧客対応では接客サポートやチャットの自動化、連携による情報共有などができるのです。ここでは、十分にチャネルトークを活用する方法について説明します。

会員情報を開いて接客チャットする

チャネルトークは企業が所持する顧客情報を連携することで会員情報として活用できます。そして、お客様対応のチャット時には、会員情報を表示してチェックしながら対応するのです。

顧客管理タブを開くことでさまざまな情報が記載されており、特に過去のページ閲覧履歴やカート内の情報など顧客の動向を把握したうえでマーケティングに活かせます。

QRコードによるオフラインのチャット対応

チャットによるオンライン対応に加えて、チャネルトークはQRコードを利用したオフライン対応に優れています。

QRコードには、そのECサイトのチャット画面にアクセスできるURLがデータ化されているのです。後は、QRコードを読み込むだけで顧客はチャット画面を開くことができます。このように、オフラインでチラシやクーポン配布による集客が可能です。

自動翻訳機能の活用

EC事業者の中には、海外の顧客を相手にするケースがあります。チャネルトークでは、IPから予測された日本語、英語、韓国語の言語を自動で翻訳して、チャットをスムーズに行う機能がデフォルト設定されています。

言語切替などの面倒な手間や翻訳ツールを導入せずに顧客とのコミュニケーションをスムーズに行えるのです。特に越境ECなどそれぞれの顧客が使う言語が多岐にわたる場合は、自動翻訳機能が魅力です。

\最新情報満載!現場最前線のECコンサルが執筆/ ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する

ECサイト内のコミュニケーションは重要!

チャネルトークは、WEBチャットで顧客とコミュニケーションを取る売上アップに不可欠なツールです。社内でのコミュニケーションやマーケティング機能、外部連携を使えるなど、多くのEC事業者にとって便利な基本機能を搭載し、チャットボットや顧客データの活用などオプション機能でさらに活用の幅を広げられます。

今後、ECサイトのユーザーがカート落ちや買い物中のページ離脱を防ぐため、コミュニケーションを密にするチャネルトークを検討しましょう。

株式会社ライフエスコートでは、自社サイトのEC売上が上がらなくて困っている、相談する人がいない、EC事業の売上の伸ばし方が分からない。そんな方に向けて無料メルマガ講座をご提供しています。現場で培ったノウハウを現役ECコンサルタントが余すことなくお伝えしていますので、お気軽にご登録ください!

現場で役立つプレゼント付き!最新ECノウハウで実践力が身につく! ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する