EC運営業は、将来、給与待遇があがる!?仕事内容など全貌を徹底解説します

将来、給与待遇があがる職種EC運営業とは?その全貌を徹底解説します

新型コロナウィルスの影響は、巣ごもりしている人を始めとした多くの人がECサイトを利用する機会となっています。今後、成長を続けるEC業界は将来性が見込まれるため、ECサイトを立ち上げたいという方は多いでしょう。

ECサイト運営に資格や特定のスキルは必要なく、将来のために求人などで仕事を探すことができます。ノウハウや経験があればそれだけ昇給も実現します。ところが、ECサイト運営には良い側面ばかりではありません。

ECサイト運営は担当者にとってきつい場合もあるなど、求人票から仕事を探す段階で十分にキャリアを積めそうな企業を就職・転職先にすることが重要です。そこで、今回はこれからEC運営でキャリアアップを目指し、給与待遇を向上させるために必要な取り組むべき事柄やEC運営の実情について解説します。

ECサイトの運営は大変なのか

ecサイトの運営は大変なのか

ECサイトの運営は働き手にとってつらいと評されることが少なくありません。特に「残業が当たり前で終電前に帰れない」「電話対応のクレームがきつい」などが不満としてよく耳にします。しかし、EC運営がつらい根本的な問題は、企業が以下のような体制のまま業務やその担い手に対する十分な理解がないことに尽きます。

経営者、責任者が作業工数を理解していない

企業の経営者、責任者がECサイトを運営する際に作業工数を正確に把握していないケースがあります。最悪の場合、工数無視で無理な作業量を押し付けられる、ベンチャー企業の社長による一貫性のない方針に振り回されるなどの問題を抱えるのです。作業工数を無視して決められた時間、決められた目標の達成など、結果だけを求められるのは担当者にとってきついのです。

上記に加えて、経営者、責任者が作業工数をわかっていない弊害として、例えば、業務が効率化する便利なツールやシステムを導入すべき場面でもその発想がなかなか出ないことです。業務改革を行って初めて短縮できる作業があることに気づく経営者も珍しくないでしょう。つまり、作業工数をわからない上の人間が陣頭指揮を取ることによって、売上を伸ばそうとするほど作業量が増え、運営担当者が業務に圧迫されます。

特に小規模な会社では、コストダウンのために人員を絞って仕事量だけ増える傾向にあるため、当然ながら労働時間が増えます。一定時間以上の残業を禁止する企業が増える中で、作業量だけが増えた結果、社外によるサービス残業が必要となるブラック企業も出てきます。これらの背景には、経営者、責任者が作業工数を細かく把握していないことが根幹にあるのです。

業務量のアンバランス

運営業務はECサイトをトータルに管理するためのマルチな能力・知識を必要とします。特に幅広い分野でテキパキできる人がまとめて業務をこなします。それがECサイトを運営するための必要なことでもあるのです。しかし、ECサイトの運営は業務の垣根がなく、テキパキできる人の負担が大きいというデメリットがあります。ようするに、特定の業務にだけ従事するよりきついのです。

また、ECサイトの運営は便利なサービスやシステムが追加されるたびに担当者のやるべきことが増加します。既存の業務だけでもマーケティング・広告、システム開発・運用、接客・注文対応、データの処理などさまざまな作業を必要とし、中小企業の小規模経営ではITやマーケティング、サービス業務の負担を担当者の数人がカバーします。

始めから業務を複数こなす場合や結果的にアウトソーシングで業務を限定する場合でも、その管理・監督や業務内容の整理の段階で最低限の作業が発生するのです。

会社の評価制度が曖昧

ECサイトの運営担当者が業務をつらいと感じる理由の1つに会社の評価制度ができてないこと挙げられます。業務が多岐にわたるため、単純に売上額や顧客満足度だけでは業務を評価することが難しく、評価制度の構築ができないのです。上記は、ノウハウのない新規参入の会社によくあるパターンです。

評価制度ができていない、それはつまり、人事考課の仕組みづくりや給料の増額、昇進などの担当者に与えるインセンティブを提供できないことにほかなりません。インセンティブがなければ、企業は労働者のやる気や業務の継続を促すなどして人材を継続的に確保することができなくなります。

評価制度ができないのは、担当者がぎりぎりな運営をしているからであり、人を削ってコスト削減や成果の実現をすることが常態化しているためというのもあります。

そのため、つらくて辞めてしまう社員が出始めた際にそれを止められる仕組みがないということにほかなりません。その穴埋めをさらにノウハウや経験のない社員が担当することで補うハリボテ運営が行われてしまい、結果的に部署全体で離職者が増えるという悪循環が続きます。EC運営には以上の3つのポイントを押さえた企業が人材育成やキャリアアップに成功しているのです。

\ECコンサルとしてのキャリアアップに繋がる/ ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する

EC運営の仕事内容

EC運営という仕事

EC市場は拡大を続け、現在の新型コロナ流行においては世界的にEC業界は規模をさらに拡大しています。特にBtoB市場は近年目覚ましい成長を遂げており、BtoCより拡大幅が顕著です。新しくBtoBのシェア拡大を目指してECサイトを立ち上げる企業も参入を始めています。そのようなEC業界においてECサイトの運営という仕事は将来性の見込めるものといえそうです。

未経験者でも資格不要で就職可能

ECサイトの運営は多彩な能力を必要としますが、業界としては資格のない未経験者の方であっても就職できます。企業によってはすぐに辞めてしまう人もいるため、人手不足が慢性化し、たとえ未経験でもEC運営の人材を確保する必要性は高まっているでしょう。

通常、未経験で就職できるのは派遣やアルバイトなどの誰でも出来る仕事に限定されます。経理やその他の専門職は基本的に資格や経験を必要とします。そのため、人手を必要とし、未経験からでも募集しているEC運営の部署は、EC業界の仕事に就くことを目指す人にとっては、入りやすい就職先です。ただし、未経験や資格不要は初心者でも可能というだけであって、経験や資格があれば当然ながらEC業務の配置で優遇されます。

例えば、EC運営の一環にECサイト構築やシステム運用、広告などの業務が存在します。マーケティングスキルやエンジニアなどの経験がものをいう業務では、一朝一夕で知識やスキルが身につかない分野のため、複数業務を経験しておくことで対応できる範囲が広がり、よりその人(人材)の重要度が増します。

部署の中に特定の専門業務をできる人がいるのとできない人しかいないのでは業務効率にかなりの差が出ます。代行業者やアウトソーシングに頼り切ることのない運営をしたい予算のない企業にとっては、喉から手が出るほど欲しい人材です。

2~5年後経験すると年収は確実に上がる

EC運営は経験を積んで転職なり独立すると年収を確実に上げることのできる仕事です。グローバル社会での必要性が高まる中で、すでにEC業の業務の経験がある人を高い給料で雇い、ECの競争力を他社より高めたい企業は多いでしょう。経験となる年数は企業の方針や運営実態によってもさまざまですが、2~5年くらい経験すると十分な能力を身につけられるため、転職や独立に十分有利に進められます。

一方、長期的に同じ企業内のEC運営に就いて年収をじわじわと上げたい人もいるでしょう。その場合、内部事情を十分に考慮する必要があります。EC運営が企業の経営陣や人事にとって昇給対象となりにくいという問題があるためです。一つの企業にEC運営として働き続けても給料が上がらず、成果も認められないために辞めてしまうEC担当者が結構います。

十分に昇給のある企業では、経験を積むほどできることが増えてその担当者の重要度が増し、昇給のチャンスは多くなります。もちろん、評価制度がきちんとしている必要があるため、大企業だからすべて安心とはいきませんが、企業選びを間違えなければ実力・業績次第で十分に評価される機会はあるでしょう。

\ECコンサルとしてのキャリアアップに繋がる/ ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する

経験豊富なECコンサルタントの年収

経験豊富なECコンサルタントの年収

EC運営を経験し、スキルやノウハウを蓄積することで将来的にECコンサルタントを担当することができるようになります。コンサルタントというのはコンサルと略される仕事です。企業業務を効率化したり改善したりするのを手伝います。ECコンサルタントの場合は、EC運営などの関連業務全般に対して売上アップの施策提案や業務上の諸問題を解決する方法を考えます。

ECコンサルタントは通常のEC運営よりも業務内容が高度で多くの経験と判断力を必要とします。つまり、通常のEC運営とは収入が異なるのです。ECコンサルタントの平均年収は若干の幅があり、だいたい500~1,000万円です。

募集先がどの程度の給与を支払えるのかにもよりますが、条件の良い企業に努めた場合1,000万円を超える年収をたった数年で得られる募集が数例ですが出ています。

一般的にECコンサルタントの活用は、大手のEC運営担当が独立や提携、依頼によります。最近は、転職の求人にECコンサルタントを担当できる条件を載せて募集しているケースもあります。

小規模なEC運営をする中小企業や個人では、どうしてもノウハウが不足し、経験の少ない人材が集まってなんとかEC運営をしている状況です。ECコンサルタントになれるほど経験を積めば、EC運営の収入から一気に高年収を獲得できるチャンスが生まれるでしょう。このように、市場の動きだけでなく、EC運営を経験しておくことで将来性のあるキャリアプランを見込めるのです。

求人票で見る年収を大幅に上げるEC運営キャリアプラン

求人票で見る年収を大幅に上げるEC運営キャリアプラン

キャリアプランは将来を見据えていま必要な経験やスキルを明確にします。そこで、EC運営におけるキャリアプランについて、未経験や経験者向けの求人票を中心に解説します。

EC運営未経験1年目

EC運営は、多くの求人票で未経験を対象とした募集を行っています。20代からの若手を集める点は、IT・エンジニア分野の求人に類似しているでしょう。募集する業務は企業により異なりますが、基本的には企画立案やEC運営(受注・顧客管理)業務、マーケティング、SNSの運用などです。そのため、EC運営の基礎となる作業を広く経験できる求人内容が探せます。

逆に、特定の作業だけ分担して任せるようなEC運営の求人は、やることが少なくて一見すると簡単そうですが、経験を積むという意味では不十分です。EC運営のキャリアアップを考えた時、特定の分野でしか業務ができないと転職先や独立後のできることが狭まるなど、業務が限定されてしまいます。

年収を大幅に上げることを目指す場合は、求人票でいきなり専門職の高収入を探すのではなく、職場環境が具体的で幅広く経験を積める企業が望ましいのです。企業に実績がありノウハウの蓄積があればなお良しです。それを担当者がノウハウを吸収し将来的に活かす方向での求人探しが、未経験の場合は重要なのです。

EC経験2年以上。幅広いジャンルで試したい人

EC運営の経験を重ねて2年以上の人は、できることはかなり増えているでしょう。プロフェッショナルとは行かなくても業務にこなれてきて、もっと広いジャンルに挑戦したいと感じ始める頃です。

特に未経験の状態から、狭い範囲で専門的な業務に就いた人は経験が偏ります。少しジャンルが代わるだけで、その経験が乏しいと企業からも判断されます。そのジャンルが将来的に需要がなくなればこれまでの経験も活かせません。

そこで、幅広いジャンルに挑戦したいEC運営志望の人は、転職の際に求人票の仕事・業務内容やその背景に着目します。求人票には、どのような内容の仕事を任せるかだけでなく、なぜその業務を募集しているのか企業の事情が多少なりとも書かれています。

そのため、ECではマーケティングのノウハウを特に身につけた人がそれに関連するジャンルで求人を探しつつ、経験年数が少なく、偏った経歴でもITや企画立案など他の作業を経験できるような幅広いジャンルで自分を試すのです。

キャリアアップしたい内容が明確な人

EC運営の求人票には、業務に関連した具体的な仕事内容が記載されています。企画立案のできる人材を重視しているのか、それともマーケティング重視か、サイト運営の担当できる人材を探しているのかなどです。いずれも同じEC運営の募集ではあるけれど求められる適性やスキル・ノウハウに違いがあります。

自分の得意なジャンルがわかり、キャリアアップしたい内容に具体的なビジョンがある方は、ジャンルを広げずに特定の業務を経験できる仕事内容が適しています。キャリアアップで重要となるのは職歴やスキル・ノウハウの高さです。

この部分が浅く広くで中途半端だと特定ジャンルでのキャリアアップは難しくなります。無理してできないことはありませんが、専門的に経験してきた人にはかないません。したがって、キャリアアップしたい内容にあわせてEC運営の具体的な仕事を選ぶことはとても大切です。

EC運営業、求人票の見方

求人票の見方

さまざまな仕事を載せている企業の求人募集は、EC運営の求人票から自分にあった内容を探し出せるかがポイントです。求人票には、給与や仕事内容、待遇、勤務地、雇用形態などが書かれています。

求人票の見方としては、必須スキル、待遇や給与で絞り込んで、仕事内容や待遇を直に確認する方法があります。EC運営では具体的な業務内容やその募集に至った背景が記載されることが多いため、募集と自分の転職事由がマッチした仕事を探しやすいのです。コストダウンのためにハローワークに求人を出す、あるいはスカウトする企業も出てきています。

ただし注意点として、求人票に給与は大雑把な額しか書かれていないケースがほとんどです。入社したらあなには給与に記載のあった年収が「当てはまりませんでした」という罠に引っかかります。

もう1つ注意点があり、大雑把なことしか書かれていない求人票では募集の仕事内容や背景がその人にマッチしているか判断が難しいことです。その場合、EC運営では就職先が自分の希望とあわずにすぐ転職になることも珍しくありません。書かれていないことは面接を通して補足する、希望を伝えるなどの対策が必要です。

\ECコンサルとしてのキャリアアップに繋がる/ ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する

EC業界の転職・キャリアアップご相談ください

これまで、将来的に給与待遇を上げたい方に求人票の見方やキャリアプランのポイントについて解説してきましたが、いかがでしたか。今後、EC運営をしたい人は増え、さまざまな業界がECサイトを運営できる人材を求めるでしょう。EC運営のキャリアアップを目指したい人にとってこれは大きなチャンスです。

ECサイトの運営は接客からマーケティング、企画立案、発注業務などたくさんの業務に対応できることが必要です。そのため、運営業務に従事する労働時間やクレーム対応などが大変な割に、評価が十分ではないのです。さらに、少ない人数で運営している会社ほど人手が減ると、1人あたりの作業量が増え、テキパキできる人にそのしわ寄せがいくので注意しましょう。

今後、キャリアアップを目指してEC運営に携わろうと思っているのであれば、EC運営が場合によっては「つらい」・「きつい」と感じることが十分にありえる業種だと理解したうえで将来を見据えて業界に飛び込んでいく行動力が必要です。

株式会社ライフエスコートでは、EC業界でキャリアアップしたい方を応援したいと考えております。EC業界の求人・転職に関するお悩みがありましたらどうぞお気軽にご相談ください。

ECの困ったをフルサポート
お気軽にお問い合わせください
今すぐ!ライフエスコートに相談する

株式会社ライフエスコートご対応時間平日10時~18時

知っておきたい情報満載!↓メルマガ登録はこちら

現場で役立つプレゼント付き!最新ECノウハウで実践力が身につく! ECハウツー7日間 無料メルマガ講座に登録する